松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ペルナンブーコのカルナヴァル その1
ブラジル、ノルデスチ(北東部)のペルナンブーコ州、レシフェのカルナヴァル(カーニバル)。
一年に1週間だけ、祭りが町中を支配し、人々が喜びに歌い、踊り、仮装しては遊ぶ、素晴らしい日々。

レシフェの町は、ポルトガルはもちろんオランダの影響が強く、ユダヤ人の南米最初のシナゴーグがあったり、砂糖貿易で巨万の富を築いていたり、混じり合った人種、文化、音楽がなんとも魅力的な場所だ。
初めて行ったときは、旧市街で聴こえてくる様々な音と目に入ってくるいろんな音楽は、頭がくらくらするほど刺激的だった。
今回も本当に毎日毎日道に出て、いろいろな音楽を楽しんだ。昼過ぎに町へ繰り出して、明け方に帰ってきては寝る、という6日間。
何しろディープなので、とりあえず写真で少し紹介します。
d0101430_523793.jpg


カルナヴァルの幕開けは、ナナ・ヴァスコンセロスの指揮で10のマラカトゥのグループが一斉に叩く!突然の大雨もこの開会式の時だけはぴたっとやんだ。

d0101430_5245687.jpg
 人々が町を埋める。マルコ・ゼロ広場は毎晩こんなかんじ。毎日ブラジルと世界中のアーティストが演奏し、もちろん無料でみられる。

d0101430_5274420.jpg
 雨が降ってもみんな、傘をもって踊る。

次の日は内陸のゴイアニアという町へ、カヴァロ・マリーニョとブンバ・メウ・ボイをあわせたボイ・マリーニョというグループに参加した。メストリ・アンブロージオのメンバーのエルデールに続いて、踊りながら町を賑やかし、歌試合を盛り上げる。町を練り歩き、尊敬されるマスター達の庭先で演じる、サトウキビ畑の育んだ民衆芸能。
d0101430_5273038.jpg
 バスの中から盛り上がる。
d0101430_5331814.jpg
誘ってくれたサナエさんは、8年間レシフェに住んでいる、ペルナンブーコの様々な音楽芸能の研究家。最強のガイド&お友達。
d0101430_5352978.jpg
衣装にも着替えさせてもらった。いいな、これ!
d0101430_540311.jpg


列を組んで町へ繰り出す前に、このご神体の牛(ボイ)を囲んで儀式。

d0101430_5363239.jpg
シンプルなメロディーの中で素晴らしく韻を踏んで即興するマスター達。30分以上続いたことも。

d0101430_539664.jpg
Boi Marinhoのリーダー、エルデール。
途中で雨が降ってびしょぬれになりながらも、楽しかった!
[PR]

by miomatsuda | 2012-02-28 05:43 | ◆旅日記/Traveler's note
<< ペルナンブーコのカルナヴァル その2 エッセイ連載スタート >>