松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こびとの歌 再考
d0101430_2122689.jpg

 長崎湾の玄関口、伊王島のカトリック集落馬込で100歳近い女性たちのみが覚えていた歌「こびとの歌」は、『クレオール・ニッポン』でとりあげて歌ってから、たくさんの方から心に残ったというメッセージをいただいた。2012年の暮れ、この歌と出逢い、魅了され、歌いたいと思ったことから日本のうたプロジェクトを始めた。歌うごとにいとおしくなるこの歌を聴いてくださった方もまたそう感じてくれるのだと知って、やっぱりうれしい。
 この「こびとの歌」、一寸法師のような小人が仕事にありつけず、大航海に出て、難破して死すが、天国でイエスに救われるという不思議な物語は、現地で調べていくうちに、大正時代の子供劇の劇中歌だったとわかったのは、本に書いたとおりだ。
 この歌についての新しい情報が、先日再訪した秋田県の民蔟芸術研究所の資料室で見つかった。私が見落としてコピーをとり忘れていたのだが、教育庁が昭和63年にまとめた「緊急調査」の本の冒頭に大変丁寧に歌の出自が記載されていたのだ。長崎で当時調査された方が残してくださったのだろう、本当に貴重だ。そこには、16番地にあった「聖心女学校」で学んでいた伊王島出身の山崎イセが持ち帰り、伊王島に伝え、それがわらべ歌として定着したとあった。これは、2012年に当時100歳の本村トラさんにお話を聞いた時に「16番地で教えをしよった人が持ち帰った」とおっしゃった話と重なる。
d0101430_21223230.jpg

 聖心女学院は、「信徒発見」で名高いプチジャン神父によってフランスから呼び寄せられた4名の修道女が、1881年に大浦5番地に修道院を開設し、それが1898(明治31)年に16番地に新築移転した時に創設されたそうである。それ以後、長崎のかつてのキリシタン集落各地から、この女学院へ多くの女学生が通ったことだろう。それなのに、どうしてこの女学院で教えられたこうした歌は伊王島のみに残ったのだろう。だが、伊王島の施設にいらっしゃった対岸の外海町黒崎出身の易さんもこの歌を黒崎教会の前にあった古御堂(ふるみどう)で習ったとおっしゃっていた。もしかすると、今残っていないだけで、長崎の他の島や町でもこの劇は子供達に教えられたのかもしれない。だが、わずかばかりの資料、口承、記憶として残ったのは、伊王島のみなのだ。それには、戦争と原爆の惨禍が関係しているかもしれないと思う。
d0101430_2125991.jpg

 歌は移動する人によってほかの場所へと旅する。ただ、この歌は、意志を持って伊王島そして黒崎へともたらされ、大正デモクラシーの頃、子供達に教えられ歌われた。興味深いのは「わらべ歌として定着した」ことにあると思う。それは彼女達の少女時代の懐かしい記憶と結びついているのだ。これを歌っていた少女達のなかで私がお会いできたのは102歳、96歳、94歳のおばあさんたちだけで、その中のお一方は、この前伊王島を訪れた時にすでにお亡くなりになったと知った。今思えば、本当に貴重なお話を聴くことができたのだ。そうしたお話は、今聴かないと永久に失われてしまったのだろう。それは多様な日本のほんの一部でしかないけれど、きわめてリアルで心躍るひとびとの記憶であり、過去と今の私たちをつないでくれるたくましい綱なのだ。
d0101430_212223100.jpg

写真 畠山浩史
[PR]

by miomatsuda | 2015-11-22 21:27 | ◆日本のうた | Comments(1)
11月〜12月スケジュール
11月28日(土)
松田美緒(歌)& 山口亮志(ギター)~歌声に乗って旅する~
会場 樫食堂
秋田県大仙市太田町斉内字北開208
open17:00 start18:00
2500円※飲食は別途、メニューはビーフシチューや世界の温かいお料理をお楽しみくださいませ♪
ご予約・お問合せ
◎電話でのご予約
080-3336-4192(樫食堂)
◎メールフォームでのご予約
メールフォーム http://hanautaweb.info/contact/ から下記内容を記載の上お申込みください。
—————
題名: 11/28 松田美緒ライブ
メッセージ本文: お名前/ご連絡先電話番号/数/
—————
受付完了後、予約完了メールをお送りします。
※ 「メールアドレス」欄に入力されたアドレスに予約完了メールをお送りします。
※ 1週間を経過して予約完了メールが届かない場合は、 お手数ですが再度ご連絡下さい。

12月3日(木)吉祥寺
『松田美緒のルーザアフリカ・クレオールナイト
〜ポルトガル語圏のめくるめく音楽絵巻〜』
出演 松田美緒(vo) 山口亮志(g) わだまこと(g) オズワルド・コウアメ(per)
DJ Hidehito Morimoto(SOUL BONANZA
YOSUKE
会場 world kitchen BAOBAB
〒180-0003東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-6小原ビルB1
開場/ 19:00 開演 /19:30
料金/ 2,500円(オーダー別)
お問合せ/ TEL 0422-76-2430


12月5日(土) 京都 立命館大学
『松田美緒トーク&ミニライブ クレオール・ニッポン うたの記憶を旅する』
会場 立命館大学 衣笠キャンパス 以学館1号ホール
14:00〜 トーク
15:00〜 ミニライブ
出演 松田美緒(うた と トーク) 
   鶴来正基(ピアノ) 
   渡辺亮(パーカッション)
司会 加國尚志 (立命館大学文学部)
事前申込不要・入場無料  
問合せ 立命館大学人文科学研究所 
京都市北区等持院北町56-1
075-465-8335
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/study/new_e15.html

12月11日(金)西麻布
小島ケイタニーラブ トーク&ライブ
「ラブナイト 第二十夜 ~想いはシャトルをこえて~」 
開場:18:30/開演:19:00
出演  松田美緒(シンガー)
山口亮志(ギタリスト)
小島ケイタニーラブとラブナイツ
会場 Rainy Day Books & Cafe (東京都港区西麻布2-21-28 スイッチ・パブリッシングB1F)  
予約・当日ともに 2,500 円 (1ドリンク 付)(限定40席)
予約・お問い合わせはlovenightrain@gmail. com(ラブナイト予約係)まで
参加日・氏名・ご連絡先・参加人数を上記アドレス宛にお送りください。

d0101430_23545338.jpg

12月15日(火) 神戸
『クレオールな夜』バースデーライブ
松田美緒(vo) 山口亮志(g) 
会場 みみみ堂
兵庫県 神戸市中央区下山手通4−14−1
開場/18:30  開演/19:30
料金/¥3,500(要ご予約)
ご予約・お問合せ/メール mimimi-dou@kcc.zaq.ne.jp
     電話(13時以降の営業時間内で)078-764-5333
お名前、予約人数、ご連絡先、をお知らせください。<日曜定休>
カレー、ドリンク、別途販売いたします。

12月18日(金)大阪
Oswald Kouame & N'zassa Music ライブにゲスト出演
出演 Oswald Kouame (per, vo)  ミッチュリー/Mi3 (pianica)  巽朗 (a. sax) 山口亮志(g)
ゲスト:松田美緒(vo)
会場 CHOVE CHUVA
〒550-0003 大阪市西区京町堀 1-13-2 藤原ビル2F
開場/19:00 開演/19:30
料金/前売¥3,000  当日¥3,500
(12/19クレオールな夜との2daysチケット 5000円)
ご予約・お問合せ/TEL 06-6225-3003
Web http://www.chovechuva.com/contact/

12月19日(土)大阪
『クレオールな夜』
松田美緒(vo) 山口亮志(g) Oswald Kouame(per)  & ゲスト 川瀬眞司(マカフェリーギター)
会場 CHOVE CHUVA
〒550-0003 大阪市西区京町堀 1-13-2 藤原ビル2F
開場/19:00 開演/19:30
料金/前売¥3,000  当日¥3,500
(12/18ライブとの2daysチケット 5000円)
ご予約・お問合せ/TEL 06-6225-3003
Web http://www.chovechuva.com/contact/
[PR]

by miomatsuda | 2015-11-22 20:12 | ◆ライブ情報 | Comments(0)
『クレオール・ニッポン』サラヴァ東京
d0101430_2043433.jpg

18日、雨の中、サラヴァ東京にご来場いただいた皆様、遠くから応援のメッセージをくださった皆様、どうもありがとうございました。本当にたくさんの皆様にお越しいただいて、感激しました。クレオール・ニッポンの歌と世界観に共感してくださったいろいろなご感想をいただき、心に深く受けとめています。
ある日見つけた宝物を大事に磨いて、それを発表できたことも嬉しいですが、その宝物を仲間たちと時間をかけてさらに大きく育てていく過程を、多くの皆様に見届けていただいていること、本当に嬉しくありがたく思います。
今後、さらに人間性あふれる歌を地球規模に発掘して、発信していきたいと思います。
心より感謝を込めて。

写真 石田昌隆
d0101430_2045190.jpg

オオカミのティテム君のエネルギーとともに、山子歌、祖谷の木びき歌、ヨイヤラ節、すべて自然のなかで歌う幸福感を感じました。
[PR]

by miomatsuda | 2015-11-20 20:08 | ◆日々雑感/Notes | Comments(0)
京都のライブの後に
昨日は、『クレオール・ニッポン』の京都ライブでした。メンバーは皆京都に住んでいるのに、発売後、初めてのライブだったのです。私は家に帰るのが一ヶ月に何日かというスケジュールで暮らしているので、本当に久しぶりの京都ライブでした。
たくさんのお客様が来てくださって、とても温かい雰囲気でした。懐かしい人たちや、初めて聴いてくださる皆様も、出会いに感謝します。


今回、特別に、モンゴル狼くん(ティテムくん)も一緒に吠えてくれました。狼は天の使いとしてモンゴルでも日本でも古来より祈りの対象とされてきました。大自然を司る狼と一緒に山の歌を歌うと、私ももっと歌と一体になって自由になれる気がします。

d0101430_13415944.jpg

また、今回初めてお届けしている歌は「西浦の子守唄」。これは、福岡ライブの時に主催者の友人の方が、クレオール・ニッポンを読んでくださって、ご自分が昔手に入れたという古い音源資料を届けてくださったのです。その中にあった、どこかふしぎな美しい守子歌でした。昨日、初演でしたが、いい感じです。

昨日は、某テレビ局の撮影も入っていました。いつか、ドキュメンタリー番組にしてくださるそうです。活動に共感して応援してくれる人たちがいることを折に触れて感じては、本当にありがたく思います。

次は、来週の11月18日(火)渋谷のサラヴァ東京にて、今年最後のクレオール・ニッポンのフルライブです。それまで、心を落ち着けて暮らしたいと思います。関東の皆様、ぜひお越しをお待ちしています。

また、京都では12月5日(火)14時に母校・立命館大学にてトーク&ライブです。
母校の母学部の以学館ホールにて、いろいろなお話をするのが楽しみです。こちらもよろしくおねがいします。


d0101430_14164486.jpg

[PR]

by miomatsuda | 2015-11-11 13:53 | ◆日々雑感/Notes | Comments(0)