松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

歌をわたる、海をわたる
ただいま、九州にいます。

「地中海の歌」が無事終わり、なんだかここ15年くらいの旅や会った人や音楽の重みと深みがどどどーっと怒濤のように押し寄せてきました。地中海というテーマがまさに子供の頃からの大切な場所だったのと、言語というものが、歌というものがまさに人類史の凝縮されたもので、それを歌いつないでいくことの凄まじさを、ただ走り続けた15年分感じてしまったのか・・・・今はなにもしたくありません。少し、落ち着いてこれまでの体験を咀嚼したい、と思いきや、身体は落ち着けそうにありません。

今月、博多から出航する日韓共同アジアクルーズのお仕事のために、一足先に九州に上陸しました。

d0101430_1205658.jpg


昨日は、響灘の海がみえる聴こえる山鹿の九州バースセンター「うばがふところ」にて、深川和美さんとアカペラデュオコンサート。妊婦さんや小さい子供たちに向けて、お互いがその時のインスピレーションで歌を歌いつなぐ、愉しいライブでした。武満徹の「小さな空」、カタロニアの「鳥の歌」のデュオ、和美さんが「童謡サロン」で歌っているわらべ歌とか、私が「日本のうた」で歌っているブラジルの童謡とか。わらべ歌を訪ね歩き歌う和美さんは人類史にいいことやってる!私も「日本のうた」のための新鮮な刺激をいただきました。いい歌いっぱいあるなあ、とあらためて思います。
毎日バースセンターの皆さんと海に、肩とか足とか背中とか心とかの疲れをほぐされています。

d0101430_1211674.jpg


明日からは、唐津、壱岐・対馬へ渡り、それから釜山へ渡るという、魏志倭人伝に記述されていた、邪馬台国の道を遡るかのようです。
[PR]

by miomatsuda | 2013-10-12 01:29 | ◆日々雑感/Notes