松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

9月19日(木)・20日(金)「地中海の歌」
もう来週になりました・・!リスボンから船に乗って、「地中海の歌」
地中海の様々な地域の歌を歌います。子供の頃から憧れていた地中海の歌を、こんなに歌う日が来ようとは・・(感涙)ファドから出発して、カタルニア語、ギリシャ語など8カ国語で歌います。
今回本気で取り組んでみて、こうした地中海世界の音楽が、情感も音色も、もちろん歴史文化的にも、色や言葉は違えど、豊かにつながっているのがわかりました。そのひろがりを届けられるように、2日間、地中海の物語を謳う吟遊詩人になりたいと思います。つのだたかしさんがつま弾く様々な複弦楽器(ポルトガルギターやラウートなど)の音色も楽しみにしていてください!

d0101430_17531753.jpg

9月19日(木)・20日(金)
~リスボンから船に乗って Vol.2~「地中海の歌」

ポルトガルのリスボンを出港した船は
帆にいっぱいの風をはらんで潮まかせ、波まかせ
耳をすますと聞こえてくるのは地中海の歌 千年の海の物語

会場:ムジカーザ 渋谷区西原 3-33-1 Tel.03-5454-0054
小田急線 ・ 地下鉄千代田線 代々木上原駅 東口 を出て北へ徒歩5分

9月19日(木)19:00 前売 4.000円 当日 4.500円 (全自由席) 
予約:ダウランド アンド カンパニイ 
Tel.042-390-6430 Fax.042-390-6431 dowland@air.linkclub.or.jp http://dowland.jp
チケット代金振込先:郵便振替口座 パルドン 00160-8-142068
*銀行振込をご希望の方はお知らせ下さい
*e+ イープラス でもチケットをお求めいただけます http://eplus.jp (松田美緒 で検索)

9月20日(金)19:00 入場料 5,000円(ドリンク付き) 終演後のパーティ付き 8,000円 (全自由席) *学生それぞれ半額 
予約:ムジカーザ  *この日は終演後、演奏者を囲んでのパーティがあります。コンサートのみ(ドリンク付き)かパーティ付きか、ご予約の際に希望をお知らせください
Tel.03-5454-0054 Fax.03-5454-0053 http://www.musicasa.co.jp/

出演:
松田美緒 歌
つのだたかし(ウード、ラウタ、ポルトガルギター )
山﨑まさし(ギター)
角田隆太 (ウッドベース)

[プログラム予定]
◎ポルトガルの歌  ファド : アルファーマの夜明け/リスボン 私の街/神様/難船 他
◎地中海の歌 セファルディの歌/ブレリアス/鳥の歌(スペイン)ウシュクダラ(トルコ)ララバイ/つばめ(ギリシャ) 他
◎ブラジルの歌 帆船/田舎の汽車(ヴィラ=ロボス) 他

◎つのだたかし (ウード/ラウタ/ポルトガルギター)
ヨーロッパの古楽器リュートの演奏家。独ケルン音楽大学リュート科卒業。リュート、19世紀ギターなど古典撥弦楽器の独奏のほか、歌曲の伴奏者として歌手から信頼が厚く、内外の多くの名歌手の伴奏を務める。楽しい古楽器バンド《タブラトゥーラ》を率いて世界各地で公演。宗教音楽を演奏する《アンサンブル・エクレジア》を主宰。シェイクスピア戯曲「十二夜」(Bunkamura)、モンテヴェルディのオペラ「オルフェーオ」、フランス中世の歌芝居「オーカッサンとニコレット」他の舞台作品、映画の音楽も手がける。古楽CDレーベルのさきがけとなる『パルドン』をプロデュースし、16-17世紀の声楽曲を中心にCD作品を多数発表。
歌手・松田美緒とのポルトガルをめぐるプログラムのコラボレーションは本公演で3回目。リュートの前身にあたるウード、ラウタに加え、哀愁を帯びた音色の複弦楽器ポルトガルギターも担当する。
*ダウランド アンド カンパニイHP:http://dowland.jp/

◎山﨑まさし(ギター)
東京都出身。13才よりギターを始め、クラシックギターを大沢一仁フラメンコギターを伊藤日出夫、ホアキン・アマドールほか各氏に師事。尚美高等音楽学院卒業後、数度にわたり渡西。現地のフラメンコグループに参加し、南欧、中東などで数多くの公演を行う。帰国後は内外の踊り手の伴奏を中心に活動している。
3回のソロリサイタルを開催、95年、リーダーアルバム「感性の森」リリース。その他「パセオ」プロデュース等のCDやDVDに数多く参加。2004年からつのだたかし主宰の古楽器バンド《タブラトゥーラ》に参加している。 
*山﨑まさしHP:http://www4.ocn.ne.jp/~muskapu3/

◎角田隆太(ウッドベース)
明治大学ビッグサウンズソサエティオーケストラにベーシストとして参加し、山野ビッグバンドジャズコンテスト準優勝。現在は作詞作曲を手がけるジャズポップスのヴォーカルユニット《ものんくる》《角田隆太トリオ》他、ジャズをメインにポップスやミュージカルを含むさまざまな編成で活動。今年5月に菊地成孔プロデュースでリリースした《ものんくる》のCD「飛ぶものたち、這うものたち、歌うものたち」(エアプレーンレーベル)は、音楽の完成度の高さに加えて歌詞の世界が世代を越えて共感を呼び、各方面から反響を得ている。
[PR]

by miomatsuda | 2013-09-12 18:14 | ◆ライブ情報
日本のうた名古屋ライブ 9/10
9月10日、「日本のうた」ライブで名古屋へ行きます。韓国ツアーを終えて、初めてのライブです。名古屋でも初めてです。私が2年程前から探し始めたもうひとつの日本の歌です。
ポルトガル、ブラジルと縁深い歌(「アンゼラスの歌」(長崎・伊王島)や「移民節」(ブラジル)から、最近再び訪れた徳島県祖谷の山里の美しい民謡、瀬戸や東北の海の歌、ハワイの日系移民の歌、など、日本の多様さと美しさを教えてくれる歌ばかりだと思っています。
d0101430_1455655.jpg
NIHON NO UTA painted by Ryo Watanabe
「日本のうた」では、パーカッショニストで画伯である渡辺亮さんに絵を描いていただいています。レパートリーの歌にちなんだテーマを亮さんにお伝えすると、何日かしたら、魔術師の仕業のように生み出され、送られてくる作品にいつも感動させられます。特にこの作品に涙しました。伊王島の「アンゼラスの歌」のために描いてくださった「母子」。言葉だけじゃ伝えられないもの、人の有様、時を超えた心・・それを音と一緒に、渡辺亮さんの絵が伝えてくれます。

「アンゼラスの歌」ビデオクリップ 


名古屋ライブ
松田美緒 「日本のうた」初・名古屋 
9/10(TUE)at 空色曲玉
(名古屋市中区新栄3-16-21)
松田美緒(うた)鶴来正基(ピアノ)渡辺亮(パーカッション)
Open 18:30 Start 19:30
Charge 予約¥3,000 当日¥3,500
(別途1オーダーをお願いします)
ご予約・お問い合わせ
【織音工房】
 TEL 090-1278-7284 mail: orionkobo@gmail.com
【空色曲玉】
 TEL 052-251-6949

名古屋での初めてのライブ、ご来場をお待ちしています。
[PR]

by miomatsuda | 2013-09-08 15:04 | ◆日本のうた