松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年最後の夜に
d0101430_19222972.jpg


京都で過ごす大晦日は、雪、でした。
朝目覚めたら、一面の冬景色が。そして音もなく降り積もる雪がなんとも趣ある大晦日です。
いつもの景色にも雪の下に神秘が隠されているかのようです。

思えば今年は、本当に色濃い一年でした。自分にとってたくさんの成長と活動の場がやってきて、それを最大限に生かせたかどうかはまだまだですが、新しいことがいろいろ始まった、という気持ちです。

今年を振り返れば・・・
1月に「クレオールの花」、2月にベネズエラツアー、3月にCD発売ツアー、4月からは東京に定住、5月はJ.リラ来日、6月はハンガリーのジプシーの音楽仲間トリオ・アコースティックとのツアー、8月は国際交流基金でウーゴ&ヤヒロと南米ツアー、9月は四国、九州ファドツアー、10月は沢田穣治さんとのプロジェクト「カンタ・ジョビン」レコーディング、11月は南米帰国公演、12月は「カンタ・ジョビン」リリース、とめぐるめく一年でした。

新たに始まったこと、出会った人と音楽、再会、感動があまりある一年でした。
何しろいろいろやったので、来年は、今年種蒔きしたものを、イチから知って育てたいです。

また、旅の空に戻るでしょう。そして直感に従ってがっしり現地で音楽をしてきたいです。出会った素晴らしい音楽仲間との縁を深めていきたいです。

今年もたくさんの方々に支えていただきました。
私の歌を聴いてくださっている皆さん、心からありがとうございました。

皆さまに平和な年越しが訪れますように。

雪の京都から。
[PR]

by miomatsuda | 2010-12-31 19:53 | ◆日々雑感/Notes | Comments(0)
CANTA JOBIMいよいよリリース。
CANTA JOBIMのCDが今日できました!
d0101430_19514517.jpg


いよいよ明日、先行発売@目黒パーシモンホールです。
アン・サリーさんのコンサートのオープニングです。
とはいえ、45分間、アルバムの中からほぼ全曲お送りする予定です。
アンさんと会えるのも楽しみ。
どうぞお楽しみに!

● 東京・目黒 アン・サリー・コンサート2010
○ 日時 : 2010/12/18 ( 土 ) 開場 16:00/ 開演 : 17:00
○ 会場 : めぐろパーシモンホール大ホール http://www.persimmon.or.jp/
○ 出演 : アン・サリー
     松田美緒 + 沢田穣治 with ストリングス ( オープニング・アクト)
     Tamamix + 沢田穣治 ( ロビー・コンサート 16 : 00〜 )
○チケット料金 4,500円 ( 税込み ) 全席指定
15時から当日券発売
*めぐろパーシモンホールチケットセンターTEL:03-5701-2904
○主催・お問い合わせ : ( 株 ) ソングエクス・ジャズ e-mail : info@songxj

CDの詳細、インタビューが載りました。↓
http://www.songxjazz.com/release/canta_jobim.html
[PR]

by miomatsuda | 2010-12-17 13:21 | ◆最新情報/News | Comments(2)
秩父夜祭り
3日は、秩父夜祭りに行ってきました。去年もこの頃に誘っていただいたのに風邪ひいてしまったので、やっと今年行けて、よかった!
明け方まで降っていた雨は上がって、これ以上ないくらい晴れた暖かな日になりました。

正午過ぎた頃の特急レッドアローで秩父へ。紅葉の山の美しさに目を奪われました。
d0101430_1511317.jpg


まず、可愛いレトロな秩父の街を甘酒やもつ煮をいただきながら散策。以前何もないときに行ったときは、とても静かだった街が、たくさんの人で熱気に溢れていました。
d0101430_131693.jpg
路地裏。
d0101430_12485672.jpg
気合い入れて屋台へ向かう中町の男たちにも遭遇。秩父屋台囃子を現地で聴いたのは初めてでしたが、胸躍りました。ところどころウラ打ちにカンドンベを思い出したり。

秩父の古くからのお医者さん、健生堂医院のご令嬢で、夜祭りに誘ってくださった東京在住秩父ッ子、玲子さんやそのお友達のいろいろな説明で、何倍も楽しめました。もともと賑やかなお祭りというより、神様への厳かな行事だったそうです。

夜になって、サンバカーニヴァルではVIP席カマロッチに値するであろう、病院の2階や4階や屋上から、熱気溢れる荘厳な屋台(山車のこと)を堪能。
d0101430_12494235.jpg

d0101430_12503019.jpg


そして、花火が毎回、屋台が通るごとに打ち上げられ、美しかった・・・!!
d0101430_135671.jpg


最後の花火までたっぷり見て、幸せに酔っぱらって帰りました。
山車の屋台でなしに、食べ物の屋台も豊富で、最後に駅で食べた「おっ切込みうどん」がものすごく美味しかった!おおきな椎茸も買って帰りました。

また、春になったら桜の山を越えて秩父に行こう。
[PR]

by miomatsuda | 2010-12-05 13:09 | ◆日々雑感/Notes | Comments(0)
CANTA JOBIM
とうとう師走です。
この一年、思えば、大きな出来事が自分の歌手生活のなかでたくさんあって、CDリリースから始まり、ベネズエラ、CDのリリースツアー、南米ツアー、帰国公演 etc そして、最後にアントニオ・カルロス・ジョビン集です。
d0101430_0525826.jpg
(ジャケットは沢田穣治さんの写真)

自然な成り行きで作ることが決まり、穣治さんの編曲と美しいオケと気持ちよく歌って、しばらく経ったら、手練のエンジニア鎌田さんの手にかかって、さらにサウンドが美しく織りなされていました。そしてとうとう、今日マスタリングが終わり、12/18に目黒パーシモンホールでの演奏&リリースです。今日は手練の方々にまかせて、まだ最終の音を聴いていないけど、すごく楽しみ!
d0101430_23571249.jpg

写真撮影もやりました。穣治さんの愛車ジュリアに乗っています。写真家は渋谷征司さん。
写真で見るPVもあります。http://www.youtube.com/user/SONGXJAZZINC?feature=mhum#p/a/u/0/f_1ibnhVsk0

歌詞対訳やジャケットなども最終確認をしつつ、さあ、もうすぐです。
重厚なストリングスアレンジ・・・ジョビンの曲のもつ本来の宇宙と美に最大のリスペクトを込めつつ、沢田穣治さんがほどこした編曲は、とても美しいです。
そして、私をブラジル音楽にいざなうきっかけとなったジョビンのカンソンを心こめて歌いました。自分にとっても、2010年をしめくくる最大のプレゼントです。

どうぞお楽しみに!!!∞
[PR]

by miomatsuda | 2010-12-02 00:09 | ◆日々雑感/Notes | Comments(0)