松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Myspace
マイスペースのページ、知らないうちにいろんな機能が追加されていて、いろいろ試しているうちにリニューアルしてしまいました。最近は世界中の人にこれで会えるからすごいものですね。
新しい曲載せました。ぜひのぞいてみてください。
www.myspace.com/miomatsuda
[PR]

by miomatsuda | 2009-03-25 12:17 | ◆最新情報/News | Comments(0)
桃花

d0101430_22592544.jpg

春。
京都御所に桃の花が咲いていると、ある人が連れて行ってみせてくれました。
冬を越した小さな花の確かな息吹に、いつも感動できる心をもちたいな。
どうもありがとう・・・。

そろそろ入学式の時期。
もう一度赤いランドセルしょって一年生になろう!
なんて知らないことだらけだろう。気づかないことだらけだろう。
一生、一年生、学び舎。
と、日々雑感。

(携帯のレンズに傷が・・!)
[PR]

by miomatsuda | 2009-03-22 22:57 | ◆日々雑感/Notes | Comments(0)
いのち短し恋せよ乙女
d0101430_20542025.jpg

終わってからしばらく気が抜けてしまいまいした。

寿海先生との大阪での初舞台。
「あざみの歌」「出船」「宵待ち草」「ゴンドラの歌」から「オラソン」そしてアフロペルーの歌まで先生に舞っていただきましたが、こんなに歌詞を大切に歌わせてくれたのは、先生の表現の重みゆえでした。詩にひそむ、今まで気がつかなかった細やかな情感を先生の繊細で深い所作、表情が教えてくれました。

「生きることの尊さを感じました」
こうアンケートに書いてくれた方がありました。きっと、今まで日舞を見たことがない方も、ある方も、日舞とかそういうジャンルを超えて、先生の人間を感じてくださったのではないでしょうか。

一回目ということで、一つのショーを作るうえで、慣れないことも多々ありますが、先生の84年(もうすぐ84歳!)の人生と芸がつまった舞に寄り添って歌えたことは、一生のうちでかけがえのない宝物です。
これからも先生との共演、より多くの方にみていただきたいなと思っています。

あなたの街に呼びたいという方、師匠をお連れしてどこまでも行きます。
d0101430_2056970.jpg


ご来場くださった皆さま、心からありがとうございました。

Chove Chuvaのカナミちゃん&ドンにも、スタッフの皆さんにも、そしてテーマを見据えて一緒に世界を作ってくれたミュージシャンのお二人にも感謝・・・・!!!

これからもどんどん新しい表現に挑戦していきたいと思います。

まずは4月21日、浅草にむけて精進中です!!!!!
[PR]

by miomatsuda | 2009-03-18 17:28 | ◆日々雑感/Notes | Comments(0)
春、再開
 真夏のブラジルから帰ってきました。もう移動ばかりでどこに帰っているのかわからないけれど、やはり日本はいいな!
 リオではOrquestra Imperialで歌ったり、3人のドラマーからなるバンド、Os Ritmistasの録音に参加するなど、とっても充実していました。
d0101430_22372990.jpg
Orquestra Imperial!!

 リズムの宝庫ブラジルでOs RItmistasというのですから、かなりのものです。いろんな打楽器、リズムの玉手箱をのぞくようなわくわくする体験でした。いろんな声で歌える楽しさもあります。私のオリジナルも録音しました。かっこいいですよ!!おったのしみにっ!!!!

 さて、冬の間、土の中で養分をたくわえるように、しばらく気分的には冬眠していたのですが、春、いっせいに動き始める世界に、私もまた動き出そうとしています。

 去年、出会った日舞の師匠、寿海先生の芸に触れ、「この方と一緒に歌いたい!」と思ったのがきっかけで、新しいプロジェクトを創ってしまいました。留守中のまわりの温かき協力のおかげで、3月15日に大阪で初めて実現します。
 時を超える"trans-tempo"シリーズ第一弾です。先生の舞をたくさんの人に見ていただきたい!時代を超えて親しまれる叙情を歌いたい!という気持ちから発しています。
 寿海先生は83歳。とても素敵なおじいさまです。でも、娘心を舞ったら世界一。戦前から脈々とつづく芸能を今に伝える人であるばかりか、芸術はジャンルも国も超えて人を感動させるのだと私に教えてくれました。
 
 この巨匠の舞とどうやって歌うか、無駄なものをそぎ落としていかなければ!

 4月は浅草にて、寿海先生+セネガル人ダンサー、パーカッショニストのアブドゥ・バイファルとママドゥ・ローを加えてショーをやります。ピアノには福岡から永見行崇さんが、ギターは小畑和彦さん、そしてヤヒロトモヒロさんもパーカッションで参加です。今からわくわく。
 27日にはプラッサオンゼでも特別ライブの予定です。ぜひお楽しみに!「サイテーなことは全部わすれて」踊ってほしい!
 
 さあ、春です。目覚めます。
[PR]

by miomatsuda | 2009-03-11 00:27 | ◆日々雑感/Notes | Comments(0)