松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

うっとり
 ただいま、東京におります。今回の東京は、リハーサルとライブ、いろいろ大忙しです。12月29日の大萩康司くんとのリハーサルから始まりました。「楽団ふたり」と呼ばれるような一体感を目指したいねえ(笑)といいながら、ジスモンチ、ヴィラロボスのアリア、武光徹の難曲に挑戦。今までやったことのないタイプの名曲なだけに、チャレンジは多いけれど、ものすごく楽しみです。
 25日は、おなじみになりつつある、インエフの「お初トリオ」、今回はチェロの翠川さんとギターの越田太郎丸さんでした。翠川さんとは以前、佐藤芳明さんとの3人で演奏しましたが、今回もとても楽しかったです。越田さんとも初めてでしたが、初めて合わせるとは思えない自由さ。バイオリンパートをチェロでやるとなんともいえない深みがでていました。
 昨日は、青山プラッサオンゼの久しぶりのライブでした。メンバーは笹子さん、秋岡さん、江藤有希さん。ジョアンの時に一緒に燃えたせいもあり、今回は絆が何倍も深まっていました。ジョアンとのグルーヴと情熱のツアーが終わり、どうも燃え尽き症候群ではないですが、リハビリ?的だった日々も、最近の様々なミュージシャンたちとのリハーサルと昨日のライブで新しい章に進みそうな予感です。
 昨日は、Asasに入れようかと思ってけれど入れなかった名曲やジョビンの新曲をやりました。Estrada Brancaは初めての曲でしたが、あまりに気持ちよかったので2回やっていまったほど。曲のなかで有希ちゃんのバイオリンソロを聴きながら何度トランスしそうになったか・・・。笹子さんと秋岡さんの繊細なアンサンブルが美しいとしか言いようがないかんじで、なんて美しいの!と叫んでしまいました。曲自体が本当に美しいし、その美しさをわかっている人達が演奏してるんだもの。歌いながら、なんて綺麗な曲なんだろう、と感動することが度々ありました。一音一音の響きにみんなが耳を傾けて、新たな一音を加えていく、そんな音のひだを聴きながら言葉をのせていく、そんな美しい時間を過ごしました。一緒に耳を傾けてくれた皆さまに感謝。かなり褒めたたえてしまったけれど、まだ始まったばかり。来月22日も美しくいくわ。
 今日は、黒田京子さんとリハーサル。ポロンと出す一音目から空間を超越して、心象風景が溢れてくる・・。異次元まで連れて行ってくれるのです。新しい試みもデュオならいくらでもできるので、これから本当に楽しみです。そして、こんな方々と一緒に歌えるのって本当に幸せです。
 さあ、次は関西でのリハーサルの日々。12月は5種類のバンドのライブをやるし、一つ一つ全然違うので(その中でも一番濃いのはCrossionでしょう)、心してかかろうと思います。
[PR]

by miomatsuda | 2007-11-27 23:45 | ◆日々雑感/Notes
手作りのイルミネーション
d0101430_23323726.jpg

二日前は、お世話になっている平安女学院の、イルミネーション点灯式のイベントに呼んでいただきました。昨年にも増してパワーアップした手作りの光は、真心と愛がこもっていました。京都に来られる方は、ぜひ通り掛かってみてください。
[PR]

by miomatsuda | 2007-11-22 23:32 | ◆日々雑感/Notes
札幌二日間
d0101430_23271330.jpg

d0101430_23271316.jpg

d0101430_23271313.jpg

キコキコ商店での、北海道初ライブ、とても楽しい二日間でした。それにしても肌で感じた北海道の大きさと寒さ。広大な大地を他の町から車を走らせ来て下さった方々もいらっしゃって、感謝のかぎりです。ハンガリー以来久しく体験していなかった氷点下の世界、不思議に頭の中がすっきり透明になるようでした。キコキコ商店の末木ご夫妻とは、かなりマニアックな音楽話で盛り上がりました。素敵な音源と美味しい家庭料理に、身も心も栄養つきましたよ。末木ご夫妻さま、これからもっと寒くなるので、雪掻きなど大変ですが、お元気で!あの雪降る町と新たに出会えた人たちにサウダージ。日本の中にまた必ず行きたい場所ができました。
写真は、すごい音源が揃うキコキコ商店のオフィスとちかこ夫人。そして完全防備の二人。
[PR]

by miomatsuda | 2007-11-19 23:27 | ◆日々雑感/Notes
北海道上陸!
d0101430_180911.jpg

d0101430_180968.jpg

今日、初めて北海道にやってきました。沖縄から北海道まで、一ヶ月すごい移動です。沖縄で泳いでいたのに、札幌は雪。明日からライブをさせていただくキコキコ商店に行く前に、まずは、上陸を祝って、元祖札幌のラーメンに連れて行っていただきました。80歳のおばあちゃんが作ってくれる、いままで食べたことのない薄味で、ほんと美味しい!!
さあ、雪の札幌、これから三日間とても楽しみです。
[PR]

by miomatsuda | 2007-11-16 18:00 | ◆日々雑感/Notes
Crossion始動!
d0101430_18254854.jpg

巨匠ジョアンとのツアーの余韻醒めやらぬ中、やりかけの新しいプロジェクトを再始動しています。今日は、サカキマンゴーさん宅で、新ユニットCROSSIONのリハーサルをしました。このバンド、京都のとあるイベントで意気投合したマンゴーさんとあるコンセプトをもとに作りました。ヤーソも参加して、なかなかまとまってきた感じです。こんな感じのバンドは初めてで、遊び心いっぱいでとても楽しみ。マンゴーさんの音楽性にいっぱい刺激を受けながら、いつものソロライブとは全く違う曲をやります。クリスマスイヴの初ライブのために曲づくり始めなくては。始まったばかりのクロシオンをよろしくお願いします!
[PR]

by miomatsuda | 2007-11-13 18:25 | ◆日々雑感/Notes
旅の写真
今日は、平安女学院の高槻キャンパスのチャペルでライブをさせていただきました。
もうすっかりあたりは秋で、紅葉が美しかったです。チャペルは音の響きがいいので、生音でもよく聴こえました。そして、今日はツアーの後に購入したマイクを初めて使い、1ヶ月前に買えばよかった、と後悔。巨匠にも薦めてもらったやつなので、これからライブで使うのが楽しみ!生音に近い音で自分の声が聴こえると歌う喜びが増します。

そして、今、無事に帰りついたというジョアン・リラと話しました。
なんと、もう一足早く、自分のマイスペースのページに、懐かしい旅の写真を載せたそうです。ステージの写真が一枚もないのも笑える!かなりおもしろいので、見てみてください。私も近日中にまとめて載せるつもりです(とりあえず膨大な量!)。
www.myspace.com/joaolyraその中から一枚。
d0101430_22403131.jpg

福岡でできた即席バンド。よく見たら、マイクを握っているのがピアノの永見さん、ピアノにいるのが、Chove Chuvaのドン、ギターがカナミちゃんです!

ツアーを終えて、家に帰り着き、やっと一息つくことができます。
心温まる感動的なコメントも、ちゃんと読ませていただいています。たいへん励まされます。
芸と心を磨いてこれからも続けていきたいと思います。
[PR]

by miomatsuda | 2007-11-10 22:46 | ◆日々雑感/Notes
ジョアン出発
d0101430_20471120.jpg

d0101430_2215633.jpg

長崎の最後のライブも満員御礼、いい音でとても温かい雰囲気で盛り上がりました。銅座のジャズバー、サニーサイドで打ち上げ。ライブを企画してくださったサニーサイドの椋尾恵子、敏郎ご夫妻と浜町の雑貨屋チャイハナの北原マスターとは学生時代からの懐かしい方々。今回、巨匠と永見さんと一緒にこの場所で親密なライブができて、ほんと幸せでした。
そして翌日、東京へ。前夜の明け方までの打ち上げの余韻を体に残したまま、ジョアンの日本最後の夜を祝うべく、渋谷へ。一ヶ月、巨匠の横に立って、楽しみながらも必死で勝負してきたツアーの後、関わってくださった人達の思いを感じて、とても幸せな思いでした。とうとう終わってしまったんだ、という一塵の寂しさと、なんて素敵なツアーだったろう、という充実感をしみじみと感じていました。もちろん、ああすればよかった、とかいう反省点は少なくないけれど、ジョアン・リラというものすごい人をたくさんの人に見てもらえたし、日本で一緒に歌えたことが何よりも大切な経験になったし、幸せなことでした。
ジョアンも、本当に今回のツアーを楽しんでくれて、また近いうちに帰ってきたいそうです。出会った人みんなこの気さくで面白く涙もろい巨匠が大好きになったそう。たくさんの温もりを私たちの心に残してくれました。
そして今日、ジョアンが出発。なんと最後までどんでん返しで、チェックインの時に増えすぎた荷物をひとつにまとめるため、新しいスーツケースを買い、移し替えるはめに。結局別れを惜しむ間もなく、みんなでアイスクリームを食べた後、疾風のように行ってしまいたした。カナミちゃん、ドン、やーそと私は、一ヶ月の労をねぎらいあい、車で大阪へ。
ありがとう、ジョアン!
[PR]

by miomatsuda | 2007-11-08 22:33 | ◆日々雑感/Notes
長崎は雨
d0101430_12203872.jpg

東京のツアー最後のライブを終え、京都観光の後、長崎へ来てています。胸がいっぱいで一言ではとても書ききれないツアーのまとめは、長崎が終わってから書きたいと思います。私にとって縁の深い長崎は、ジョアンとの今回のツアーの最後のライブとなります。日本中を走り抜けた一ヶ月の最後を締めくくるライブには、なんとあのピアニスト、永見さんが福岡から駆け付けてくれます。ライブを重ねて、すっかり「同志」的永見さんとまたご一緒できるのも嬉しいし、最後は、CDと同じでギターとピアノ、というのもなんだか物語がまとまる感じです。快晴続きのツアーが終わったと思ったら、雨です。CHOVE CHUVAの名前の威力かな!
[PR]

by miomatsuda | 2007-11-06 12:20 | ◆日々雑感/Notes