松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:◆"FLOR CRIOLLA"と私( 22 )

ひなまつり
d0101430_23305062.jpg

d0101430_2330506.jpg

ピットインのライブ、大盛況でした。
・・・幸せです・・・。いい音楽できて!!!!
・・・・皆さまどうもありがとうございました!!(感涙)

ひなまつりなので、マエストロたちにもお花を。
(髪とマイクのお花は、日比谷花壇さんからプレゼントしていただきました)

興奮さめやらずですが、明日はNHKの公開録音。赤木りえさんがゲストです。
明日もどんな音楽になるのか、本当に楽しみです。
[PR]

by miomatsuda | 2010-03-03 23:30 | ◆"FLOR CRIOLLA"と私
名古屋
名古屋のLa Bohemiaライブ、ミュージシャン同士が間近で、音もくっきりと聴こえる親密な場所で、「音楽したーー!」という満足感で終えました。
急遽公演を組んでくださったPANCHITOさんご夫妻に感謝いたします!
雨の中、お越しくださったみなさま、ありがとうございました。

写真をみんなで撮れなかったあー!
後で載せたいと思います。

明日はピットイン、今から興奮気味です。
[PR]

by miomatsuda | 2010-03-02 21:55 | ◆"FLOR CRIOLLA"と私
生駒
生駒のコンサート。
日曜のお昼なのに、夜の気分で、「こんばんは」と言ってしまった!

今日のコンサートも、とても温かい雰囲気で終えることができました。
関西はここ一回だけ。兵庫や、大阪や京都など、遠方はるばる来てくださった方も大勢でした。関西の雰囲気、懐かしいな!

d0101430_23164736.jpg
いただいたおっきな花束は、ステージに置きました。

ありがとうございました!!!

d0101430_23173894.jpg
主催のこじまさん。

終わってから打ち上げの後、即効、名古屋に移動。
忍者好きな私にはたまらないところを通過しました。

d0101430_23205292.jpg


明日は名古屋です。
最高のオーケストラと、魂込めて歌います!!
[PR]

by miomatsuda | 2010-02-28 23:25 | ◆"FLOR CRIOLLA"と私
松山
d0101430_2102136.jpg

昼は美しいフィギュアスケートをヤヒロ&ウーゴと見て、真央ちゃんの悔し涙を一生懸命ねぎらい(一方的にね)、夜は、松山にて、ホールコンサート。音響もよく、とても気持ちよく音楽できました。
ジョアン・リラと来てから早くも二年半ぶりの松山、あっという間だけど楽しい時間でした。名物DJポンちゃんのお店で、打ち上げ。ブエナビスタの坂本さんやスタッフの皆さんと。ウーゴ、ゴーヤチャンプルー、お気に入りでした。

23年位ぶりに会う人たちが見に来てくれました。小さかったので、懐かしいというか、嬉しかったあ!

皆さん、ありがとうございました!
明日、関西に入ります。
おやすみなさい。
[PR]

by miomatsuda | 2010-02-27 02:10 | ◆"FLOR CRIOLLA"と私
マエストロ
d0101430_2143969.jpg

d0101430_2143981.jpg

d0101430_2143927.jpg

今は、香川県です。元気に到着したウーゴ&ヤヒロと半日リハーサル。アルバムに入らなかったクレオールの花たちも歌います。
やっぱり、この二人と音楽できるのは、本当に幸せです。

明日、広島からスタートします。
どうぞご期待ください!
[PR]

by miomatsuda | 2010-02-24 21:43 | ◆"FLOR CRIOLLA"と私
「すべての人があなたのようだったら」
数々あるジョビン&ヴィニシウスの名曲の中でも、この曲はDIVINAです。もう長年心の中で響いている歌です。象徴的な意味もあって、このアルバムには絶対に入れたいと思いました。

真実が存在するだろう
誰も見なかった真実
すべての人があなたのようだったら

歌詞もメロディーも、普遍的な力があると思います。
愛することの希望を歌う、美しい歌だろうと思います。

ウーゴが、とても素晴らしい編曲をしてくれました。和音の動きが、歌詞とも呼応しています。

   さて、本日、とうとう発売です!とても感激です!

d0101430_93678.jpg

イタリア人で中学生時代からのお友達マルチェッラ&トシオが祝ってくれました。愛娘アリーチェちゃんも!

「クレオールの花」が聴いてくれる皆さんの心に届きますように。

   お聴きください!!!
[PR]

by miomatsuda | 2010-01-20 09:28 | ◆"FLOR CRIOLLA"と私
「真珠のモレーノ」
8年ほど前、ブラジル音楽に触れていた頃、浮かんだ歌です。また、サラエボ出身の歌手、ヤドランカさんの歌う7拍子が大好きでした。ブラジルや、バルカン半島や、いつからか幻想を見るようになりました。

きちんと形になったのは、ブダペスト。リスボンから電車とバスでヨーロッパを10カ国、3ヶ月かけて音楽の旅をしていたときに、偶然降り立ったところです。

ジプシー(この言葉使っちゃいけないようですが、彼らは彼ら自身を誇りたかくジプシーと呼んでいたので、使います)の家族ととても仲良くなって、ジャズミュージシャンのオラー兄弟(トリオ・アコースティック)とデモを録音したのが最初でした。音楽が故郷、という彼らにはとても多くのことを教えてもらいました。
ジプシーの人たちととてもウマが合っていたので、ある意味自分の来た場所なのかなと思ってみたり。
思い出話になりますが、こういうことが今の自分をつくっていることは間違いなく、自分の音楽も放浪するのです。

「真珠のモレーノ」、録音するのは、ジプシー性とブラジルの洗練とアフロさ、壮大な宇宙観を持った人と、勝手に決めていましたが、ブエノスアイレスでウーゴのライブを見たとき、「この人だ!!」と思いました。
それから共演の前にこの曲のデモを送ったところ、ぴーんと反応してくれ、すぐに返事がきました。「この歌が大好きだよ!」と。

今回録音できて本当にうれしいです!!

録音して私の長年の幻想が形になったわけですが、録音もライブ感覚です。ライブも一回一回ぜんぜん違う方向へ旅するんだろうな。わくわくします。
[PR]

by miomatsuda | 2010-01-18 19:31 | ◆"FLOR CRIOLLA"と私
「ひとりぼっちの夢」
スペイン語の「ニョ」で韻を踏む、ウーゴらしい機知に富むタイトルです。

香川県丸亀市で、リハーサルをしていた時、「昨夜作った」と言って聴かせてくれたボレーロです。
メロディーの美しさに心を打たれました。眠れない夜、メロディーから浮かんだそうで、そこになんともロマンティックな歌詞を書いてくれました。
もやがかかった世界を、夢か現か、そのはざまを彷徨うような、掴み所のない感じになったと思います。
これぞボレーロって感じではないですね。

この曲だけ、エレキベースを弾いてくれています。なんとウーゴのもともとの本職はベーシストだそうです。
あの左手の音の動きがなんともいえないのは、そのせいもあるのかな。

ひとりぼっちの時に、ふっと口ずさんでしまう歌です。
[PR]

by miomatsuda | 2010-01-18 19:14 | ◆"FLOR CRIOLLA"と私
「クレオールの花」
クレオールの花、いったいどんな花でしょう。
ひとつに決めてしまうと、イメージが偏るし、まず美しい花の種類はいっぱいあって、決められません。どの花が似合うと思いますか?といろいろな人にたずねてみたいものです。

ウーゴにタイトルと同じ題名の歌を作ってくれないかな、と言ってみたら、元気溌剌とした、おおきな草原にうたう、そんな歌を作ってくれました。
希望と生命力に溢れた花、そんな歌です。
ウーゴは録音の少し前から、移動中にリズムを編み出してました。一人でぶつぶつ言っているなあと思っていたら、「できた!」と。彼に言わせると、「インディオ」らしいウーゴ流クレオールリズムです。

さて、どんな花が浮かびますか?
[PR]

by miomatsuda | 2010-01-18 18:01 | ◆"FLOR CRIOLLA"と私
「太陽の小鳥」
ヴェネズエラのマッチョなカウボーイ文化のジャーノ地方で培われたクリオージョ音楽ホローポ。
この音楽に出会ったのは、2008年、ブラジルに行く前日、名古屋で共演したリカルド・サンドヴァルの音楽が最初だった。ヴェネズエラ音楽講座を東大に作ってしまわれた石橋先生からのお誘いで共演とあいなったのだが、不思議な御縁で、彼らとはフランス、日本、そして今度またヴェネズエラで一緒に歌うことになっている。
まず、彼の演奏能力の高さ、スウィング、歌心、音の綺麗さにとても驚かされたのもあるけれど、ヴェネズエラの音楽の豊かさにすっかり夢中になってしまった。ブラジルやファドとどことなく通じるところも多いと思う。
せっかくだからいろいろなヴェネズエラの音楽を聴きたいとリカルドに打診したら、ヘンリー・マルティネスの曲をセシリア・トッドが歌っているCDをくれた。その中にこの曲が入っていた。

まず、そのスウィングは信じられなくて、リオでもDJナイトをする友人にナイトクラブでかけてもらったほど。
そして、その歌詞である。
ヘンリー・マルティネスという人は凄い人だ。こんなによくできた歌詞、ユーモアと本気とが一緒になった男気あふれる女の歌はあまりあるもんじゃない!
「小鳥」というとかわいいけれど、「ひも男」(失礼!)みたいなニュアンスがある。ヴェネズエラやそのほか南米の国々では、ダブルミーニングがやたらと多い。リカルドによると、すべての言葉がなにか別の意味があるらしい。きっと帰国後はおもしろい報告ができるでしょう!

この歌が気になってしかたなく悶々としながら過ごし、フランスでリカルドに少しホローポのことを教えてもらった。ホローポの中でもこの曲は、古いファンダンゴと同じ形式のパハリージョらしい。ウーゴに聴いてもらったら、案の定「やろう!」と言ってくれて、晴れて録音。アルパ、クアトロ、マラカスの感じをを一手にうけとめ、スウィングしちゃってます!!MIOバンドでもやりますが、どうも演奏者の本能に火をつける曲みたい!

これを聴いて一日元気出してほしい曲です!
[PR]

by miomatsuda | 2010-01-13 21:34 | ◆"FLOR CRIOLLA"と私