松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
夢のような日々から帰国
写真をたくさん載せて色鮮やかな投稿をしようと思っていたのに、最後の最後でカメラをなくして、残念ながら文章のみ。(何枚かは送ってもらった写真を載せます)

今回のブラジルはすごかった。なんといっても映画、音楽、出会い、すべてに渡って100点満点。


映画Gringos do Rio撮影はかなり即興要素が強くて、とりあえず楽しまなきゃ損!というような日々でした。丘のファヴェーラからイパネマの海辺の高級住宅まで、いろいろ普段は見られない場所であっという間の撮影。いっぱい歌って、笑って、俳優の人たちといろいろなお話をして、かたい絆で結ばれた気がします。第一線でやってきた人たちとの出会いから、表現する、演じるということにおいて、一生胸に響き続けるインスピレーションをもらいました。
d0101430_12502260.jpg

俳優たち。
Irene Jacob,David Jarre,Mio,Fisher Stevens,Dani Dams,Bill Pullman, Charlotte Rampling
d0101430_12563139.jpg
 シャーロットとイパネマにて。


イパネマで1週間、それからコパカバーナへ。CD屋さんモダンサウンドの隣のアパートでしたが、いつも忙しくてほとんど帰らなかった・・・。
そして、映画で演奏に来てくれたミュージシャンたちがOrquestra Imperialのメンバーで、急遽一緒にサンパウロに行くことに。長距離バスに揺られ、サンパウロ。2日間、一緒に歌いましたが、今まで歌ったことのないオリジナルLatiniza o Japonesをフィリプ・ピノーの管楽器アレンジとカシン、ドメニコ、ステファンたちの最強グルーヴで歌い、ああ、夢がかなったと感動。

それからリオで、Os Ritmistasの録音とライブに参加。あっという間の出来事で、準メンバーに?新しい扉を開いて、新しい声で歌って、自由に殻を破いて、でも核は変わらず私。そんなふうにこれからもやっていきたいなあ。

with Domenico
d0101430_10281626.jpg

Marina da Gloriaでのショー。
d0101430_10292577.jpg

d0101430_10342519.jpg


Jongo da Serrinha もゲスト出演して、すごいエネルギーでした。
d0101430_10304476.jpg


それから、なんと鼓童がリオに来ていたので、懐かしい人たちと感動の再会。何人かのメンバーと朝まで飲んで、コパカバーナの海に飛び込み、歌う、夢のような時間もありました。(ああ、写真・・・!)それからサンパウロでもミュージシャンを連れて見にいけて、日系移民の人たちと一緒に熱狂することができて、涙、涙。太鼓の深い響きは、故郷を離れれば、より心に響く。ブラジルに来た彼らはよりグルーヴィーになっていて、一人一人の演技が素晴らしかった。ああ、ブラジルで見られてほんとうによかった。

サンパウロの後はリオのサンタテレザへ。空に近い丘の上で瞑想するような生活。懐かしい友達に会ったり、丘の上の生活を満喫しました。
そして、あっという間にレシフェへ。
レシフェでは、かねてからの夢がかない、旧市街の野外ライブ。日本移民100周年のイベントということで、日本の歌とペルナンブーコの豊かなリズムを組み合わせました。バンドリン奏者マルコ・セザーも出演してくれて、ドラム、ベース、ギター、バンドリンでマラカトゥ、シランダ、フレーヴォ、カンドンブレなど私にとっては血が騒ぐリズムで日本の歌を歌いました。
昭和の名曲「下町の太陽」を高速フレーヴォで、という3年前からの夢がかない、それはレシフェンスも驚くほどばっちり合って、ただいま録音スポンサーを募集中です(笑)!「ゴンドラの歌」や「パライーバ」「サイコー」などをノルデスチで歌うというのは感慨深いものでした。何千人いたかしら、すごい人出でした。プロデュースしてくれたSanaeさんお疲れ様&ありがとうございました。

それから行ってみたかったマセイオーのエメラルドグリーンの海で2日間過ごし、レシフェの若手ミュージシャンたちと楽しく演奏して、リオへ。

リオ最後の日は、エスコーラ・ド・サンバUniao de Tijucaの練習に連れて行ってもらい、バイアーナのおばさんや美しきムラータと一緒に踊ったのでした。うん?一緒にパレードに出ないかって?将来出ます!絶対に!

バテリアの余韻さめやらず、ニューヨークへ。
元鼓童の渡辺薫くんのおかげで一つライブをすることができました。寒かったけれど、いろいろな人に出会えて、美味しいもの食べられて、楽しかった、NY!

出会えた人たち、応援してくれた人たち、心から感謝します!!!
生きててよかったあ!!!!!
幸せなことを記憶して、もっともっと幸せになろう。
Viver, nao tenha vergonha de ser feliz!! (幸せになることを恥じてはいけない)これぞブラジル。

これから、もっともっと歌います。いっぱい愛をこめて。あなたにも届きますように!!!
[PR]

by miomatsuda | 2008-12-14 13:10 | ◆日々雑感/Notes
<< 2009年最初の月 Mio in Rio >>