松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
未来へつなげるもの
相模原のサッカークラブFCコラソンの皆さんが企画してくださったコンサートの日がやってきた。なんてあっという間に時間が過ぎるんだろう。以前プラッサオンゼで見てくれてからずっとコンサート企画を進めてこられた工藤さん。本当にお疲れ様でした!今回はブラジル人、日本人混成バンドSom Brasilの皆さんと共演もあった。1曲だけだけど、なんだか日本じゃないような雰囲気。とっても楽しかった。こんな企画をしてくださったFCコラソンの皆さん、ありがとうございました!

一緒に乾杯したかったけれど、次の日は学校公演。そのまま少し寝て、メンバー達と大阪へ移動。名門、四天王寺学園での公演だった。私にとって、全校生徒を相手にして歌手として参加した初めての学校公演。コーコーヤのメンバー(笹子重治、江藤有希、黒川紗恵子)&福和誠司という面々と一回ごとに反省しながら、5回の公演。

d0101430_14492397.jpg


コーラス部の皆さんと一緒に歌うために準備したアンジェラ・アキの「手紙」は素晴らしいコーラスのお陰で大成功だった。一回ごとにとても楽しかった。「サイコー」そして「田舎の列車」まで一緒に歌ってくれることに。感涙するメンバーもあったほど、「田舎の列車」のメロディーはすごい力がある。みんなの声がどんどん大きくなって、宇宙まで昇っていきそう。最後にみんなで写真を撮って、また共演してねと約束してもらった。名残惜しかった・・・!

d0101430_1450771.jpg


今回のテーマは、子供達。コラソンでは少しだけしか子供達と触れられなくて残念だったけれど、子供達がいるところってなんて活気溢れているんだろう。みんな目をキラキラさせて新しい世界に飛び込んでいく。はにかみながらも、こちらの心を感じてくれる。私の子供の頃も、嘘がある大人って、すぐに察知できたし、今よりも賢かった気がする(笑)。子供に歌うって、ある意味、自分と向き合うことになる。だから私もまっすぐ気持ちが伝わるように歌ったつもりだ。何かいいものを残すことができたら嬉しいなと思う。
年齢によって全く反応が違った5回の公演だったけれど、何かいい思い出として残ったらいいな。
とはいえ、学生さんたちにもらったものの方が、ずっと大きい。
学生の皆さんと触れて、純粋なところを引き出してもらったような時間だった。心がすっと澄み渡る。学校公演、くせになりそう・・!
それにしても、中学生、高校生にブラジル音楽を聴かせるという英語の先生はえらい!

四天王寺学園の皆さん、先生方、スタッフの皆さん、ありがとうございました!!!!
[PR]

by miomatsuda | 2008-07-16 13:04 | ◆日々雑感/Notes | Comments(2)
Commented by haruquita at 2008-07-17 23:15 x
とっても素敵です~♪その一言に尽きます~♪素晴らしい企画ね♪私も聞きたかったな。
Commented by Robin's Nest at 2008-07-18 01:12 x
四天王寺での感動のライブ3日間,
本当にありがとうございました。

ゲットした松田さんのアルバム,繰り返し聞いています。
松田さんの声,最高で「くせになりそう…!」です。

リンクをはっていただいた僕のブログでも,
記事に記しています。

本当に,涙をこらえるのに大変でした。
また,関西でライブをされるときは
駆けつけますね!
<< 「SAIKO」が日テレで流れます。 偶然の幸せ >>