松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アンゴラとの出会い
アンゴラという国。
もう日本ではサッカーの影響で、かなり知名度が上がっていると思いますが、きっとイメージはしにくく、未知な国でしょう。
そう、私も行ったことはないのですが、なぜかとても縁が深い国です。
初めて出会ったアンゴラの人は、歌手のヴァルデマール・バストスでした。初めてリスボンに行く2001年暮れ、ある友人が聞かせてくれた歌手ドゥルス・ポンテスのCDに彼が1曲参加していて、それを聴いたとき、全身鳥肌が立ちました。なんて声、なんて深く力強い表現。それはアンゴラというとてつもない大地そのものでした。それからこの人に会いたいと思うようになりました。名前も知らないし、どこに住んでいるのかもしらないまま。
そして、翌日リスボンに到着、3日目にはもう馴染んでしまっていてファド仲間もできた頃、バイロ・アルトのファドの店に歌いに誘われました。小さな店で自分が歌う順番を待っているとき、ふらりと入ってふらりと出て行ったアフリカ系の男性が。誰かが私に耳打ちしました。「あれはアフリカの有名な歌手だよ」
男性の風貌を見て、あの歌を歌っていたのはあの人に違いないという直感にしたがって、走り寄り「あのっ すいません!あの曲を歌っていたのはあなたですか?!」と尋ねると、にこっと笑って「そうだよ」と答えてくれました。
こんな出会いはそうそうないです。それから私は、彼の口からアンゴラの話をたくさん聞かせてもらうことになりました。アンゴラ人の友人もでき、一緒に音楽をやったりしたので、私にとっては行ったことがないけれどとても身近な国になった気がします。
アンゴラは独立戦争、内戦という30年間の戦争が2004年にようやく終結し、23年間亡命していたヴァルデマールも帰国し、歓喜する国民に迎えられたといいます。

そして、今月27日、アンゴラのサッカーチームが日本チームと親善試合。そのときにアンゴラの国歌を歌うことになりました。
アンゴラとのつながりや、いろいろな体験をふまえて、心をこめて歌いたいと思います。

写真はWaldemar Bastos
d0101430_0193213.jpg

[PR]

by miomatsuda | 2008-03-09 00:03 | ◆日々雑感/Notes | Comments(2)
Commented by haruquita at 2008-03-09 19:35 x
凄い~♪ TVでもやるかな~??
Commented by ゆっこ at 2008-03-09 23:36 x
WOW!!!美緒さんすごいね!録画してチェックします。
なんだか美緒さんの歌声がたくさんの人に聴いてもらえるのがとっても嬉しいです。良かったですね♪
<< すごい夜 浮世とはいかなるものぞ >>