松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ファド
今日は、雪降る京都で、やーそこと7弦ギタリスト山田裕氏と打ち合わせ、最終曲選びをしました。編成もあるのか、ファドがぐぐっと増えました。

ポルトガルに住み、ファドにどっぷり浸かってから、本当に私らしい表現を求めて海を渡り、カーボヴェルデ、ブラジルへ。完全なファドコンサートをするのはしばらくお休みしていました。というか、いろいろなことをやっていたので、ファドだけのライブは、期(気)が熟してから、と思っていました。
リスボンに居たころは、ファドは自分の表現であると同時に、庶民文化のおもしろさもあり、下町のファディスタやファドの文化を追いました。それに、日本人がポルトガルの歴史を内包するような歌を、たとえば「ファドを歌うのはポルトガル人の証し♪」とかいう歌詞を手放しで歌うのはやめようとの思いもあり、なるべく伝統的なルールも覚え、自分らしい詩を選んで歌っていました。それでも、どうも旅の虫と音楽的探究心がおさまらず、大西洋を渡ってしまいました。

こんなふうに、ある意味、歌うにあたって自分に課題をつきつけていたファドですが、最近また自然に生音で歌いたくなりました。いい曲をいい曲として歌うのはいいものです。やっぱり、ファドは生音の音楽なのです。一切無駄な音がなく、魂がぶつかりあうような音を目指したいものです。将来はこんなふうに自然な歌の宴をしたいなあ、と思っています。
まずは大阪の無花果で第一弾生音ライブ。

全国で、生音がよく響く自慢のスペースをお持ちの方、ご存知の方は教えてくださーい!(笑)

d0101430_1143489.jpg

前述のつのださん(もう他人とは思えません!)のお宅で酔ってファドの図。つのださんは昔ポルトガルギターを弾いていらっしゃったのでした。これも運命!?
[PR]

by miomatsuda | 2008-02-28 01:34 | ◆日々雑感/Notes
<< 浮世とはいかなるものぞ 旅芸人の記憶 >>