松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
那智の滝とヤタガラス 正月歴史探訪 その参
d0101430_1053244.jpg
山村あらわる。
 深い山のなかに突如として現れた熊野大社。古くから修験者の聖地として開けていたこともあり、美しい造形美と大いなる自然が見事に共存して、洗練された都のように感じました。聖なる山のエネルギーを思いきり吸い込みました。合掌。
d0101430_10545055.jpg

 修験道の開祖と呼ばれ、忍術とも関わり深いとされる役小角(えんのおづの)は仏教伝来の頃、孔雀明王の術を学び、数々の妖術をつかい、鬼までつかったといわれていますが、彼は那智の滝で修行をしたといいます。
d0101430_10554462.jpg

 熊野の地は、天孫族の神武天皇勢力が九州地方からやってくる際、八咫烏(ヤタガラス)の姿をした鴨族の始祖、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が熊野の地まで案内したと日本書紀には書かれています。大和朝廷を建国するのに協力したということのようです。鴨氏は、出雲族と関係が深いとされ、大和という国家ができあがる前から住んでいたらしく、鴨族というだけで全国にたくさんその史跡があるので、きっと同じ鴨でもいろいろな部族に分かれていたのでしょう。
 天武天皇のスパイ御色多由也も鴨族で、その頃から、火や毒薬を操る忍者らしきことをやっていたようです。いったい、この忍術はどこから始まったのか。それは日本列島ではなく、朝鮮半島、中国大陸、そしてシルクロードを越えてはるか中東やインドの歴史とも関わってきそうです。

 
[PR]

by miomatsuda | 2008-01-15 22:52 | ◆日々雑感/Notes | Comments(0)
<< 古代の都で思ったこと 正月歴史... 紀の国の海 正月歴史探訪 その弐 >>