松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
歴史の糸。
  
d0101430_0142760.jpg


 よく晴れた今日は、京都に来ている祖父母と一緒に、ロシア料理レストラン「キエフ」に行ってきた。ロシアとの国境にも近い中国の東北地方、ハルビン育ちの祖父が「60年ぶりにロシア料理を食べたい」と言ったからだ。このお店は加藤登紀子さんのお兄さん、加藤幹夫さんが経営されている。登紀子さんといえば、次女で歌手のYaeちゃんには東京に初めて行った頃、おうちに泊めてもらったり、とてもおせわになって素敵な思い出ばかりある。今はたくましいお母さんで、大地に種を植え歌っている人。とても尊敬している。
 祖父とハルビンの話になって、そういえば加藤家はハルビンにいらっしゃったということを思い出した。幹夫さんと祖父の間で、当時のハルビンの話題で盛り上がる。私の曽祖父は中国語の通訳、加藤さんのお父様はロシア語通訳で、先祖同士きっとどこかで会ったことがあるだろう、と話しながら、途方もない歴史のダイナミズムを感じた。
 激動の時代のさなか、戦前に引き揚げた人たち、引き揚げることかなわず残って大変な人生を生きている人たち、シベリアから戻ってきた人たち、戻れなかった人たち、失われたたくさんの命・・。そんなすべての人たちの人生や選択、生きた軌跡が今まで続いて、私たちにつながっているんだな、と思わずにいられなかった。まぎれもなく、私たちは地球の歴史のなかに生まれている。
 今、ここに生きているってなんてすごいことなんだろう。大切に生きなきゃ。


 そう感慨にふけりながら、夜、今日も見てしまったのが「のだめカンタービレ」。音楽と向き合ううえで、とても学ぶこと多く、いろいろ考えた。私も頑張ろう!どんどん挑戦します!大切に歌わなきゃ、ね。
[PR]

by miomatsuda | 2008-01-06 00:40 | ◆日々雑感/Notes | Comments(1)
Commented by ゆっこ at 2008-01-07 20:29 x
京都は寒くありませんでしたか??歴史の街でいろんなことを感じられたんですね。
のだめちゃん、松田さんもごらんになられてましたか!あんなぽわわーんとしたのだめちゃんだけど、逃げずに立ち向かう姿は勇気をくれました。美緒さんの歌も、正面から立ち向かってる感じがします。
<< CPLP 幸運の虹 >>