松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
クロシオーン 
d0101430_12135371.jpg

 聖夜にご来場ありがとうございました!

 クリスマスイブにとうとうやってしまいました。クロシオン。親指ピアノ(イリンバ)の名人サカキマンゴー(マンゴン)と山田裕(ヤーソン)と私、美音でお送りする新ユニット。
曲もアレンジもいつもとぜんぜん違うので、セットリストを載せます。

ゴンドラの歌 
浜ヘ(サカキマンゴー 作)鹿児島弁
宝貝(琉球風クロシオンオリジナル) 日本語
Sawaswati Devi(スリランカ) シンハラ語
峠で (原曲、インドネシア "Tonggeret") 佐賀弁 
マンゴン ソロ 
旅人のショッチ(松田美緒 作) 日本語
カラス(サカキマンゴー 作)日本語
弓張月 (サカキマンゴー 作)日本語
時 (松田美緒 作) 日本語
Saiko (カーボヴェルデ)クレオール語・日本語
アンコール:
M'hepo(タンザニア)

 昨日は4時から、梅田のジュージヤでインストアライブをやって、"Asas"とのあまりの違いに思わず戸惑ってしまった・・。
 それから本番。燃えました。
 私にとってこんなに方言含めて日本語ばかり歌うライブは、高校生以来かもしれない!日本語なんだけど味わい深く、海の向こうを見つめているような(もしくは海の向うからこっちを見つめているような)スケール広いマンゴンの歌たちを歌えて、幸せです。彼のようにいろいろな国の音楽を旅をするように、「身体から」楽しんでできる人はなかなかいないでしょう。
 「峠で」について。
 私が学生時代、来日中のインドネシアのガムラン隊に感動して、いい歌手のCDを教えて、といったらIdjah Hadidjahを教えてくれて、さっそくCDショップで取り寄せてもらいました。
 
d0101430_1157125.jpg
こんなCD。ジャイポンガンというインドネシア農村の音楽です。
 これの1曲目"Tonggeret"にすごくハマって、いつも聴いて真似していたのですが、それがなんと、マンゴンがリハの時に「これ聴いて」と持って来た曲と同じだったのです!それはやらなくては、と日本語に聴こえる部分を大切に、歌詞をつけました。ジャイポンガンならぬ、ジャポンガン。ジャイポンガンは気持ちいい音楽で、原風景ともいえる農村の感覚を呼び起こしてくれます。
 
 こんなに高音キーで歌うのも、クロシオンならでは。これからどんどん練っていきたいです。
 まだ次のライブは決まっていませんが、また見たいという方、私やマンゴー氏をつついてください。
 残された今年のライブはあと二つ。大萩康司君のコンサートへのゲスト参加、そして、野崎観音の年越しライブ。ひとつひとつ体当たりです!
[PR]

by miomatsuda | 2007-12-25 12:15 | ◆日々雑感/Notes
<< 今年最後のお仕事 一時帰宅 >>