松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
布の魔術師
時広真吾さんとの出会いは、鼓童の渡辺薫君を介してでした。風にはためく衣装の写真を見たとき、「神様が宿った衣装だ!」と思いました。時広さんは布の魔術師です。大小の動きによって衣装が表情を変えていきます。いつ着る日が来るのかわからないけれど、どうしても持っていたい衣装たち。まるで生き物のように私の部屋で「太陽」や「月」、「春の女神」として呼吸しています。太古の昔から続く人間の営みが宿るような衣装は、古代、中世、ルネサンス、シルクロード、中国大陸、マヤ文明、和など次々に想像をかきたてます。時広さん曰く、天から降りてくる啓示のように生まれる衣装は、まとっていると温かく守られている気持ちになります。「戦争と平和」というスカートや(最近よく着ています)、「雷鳴」というドレス、「雪想」のガウン、「海潮音」という藍染めのチュニックなど、タイトルも深遠です。パイナップルの繊維でできたショールは南国のエネルギーが素材感に生き生きと表れていてお気に入りです。京都の青蓮院、草月ホールでのコンサートでも時広さんの衣装を着て歌いました。
 今日は、そんな時広さんのスタジオ「リリック」にお邪魔して、23日の衣装を決めました。もうすっかり仲良くしていただいて、いつもお茶呑み呑み、話題が尽きません。写真はリリックにて。
d0101430_1002842.jpg

Photo by 八雲浄麿 
時広真吾さん HP http://www.shingotokihiro.com/
[PR]

by miomatsuda | 2006-12-14 22:31 | ◆日々雑感/Notes | Comments(0)
<< 再出発の日 ギターサミット >>