松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
文学の秋
久々のブログ。
この夏から秋にかけてはハワイへ研究旅行、そしてイタリアへ出張してきましたが、気がつけば秋です。帰国後に東京でめまぐるしいスケジュールを終えて京都に帰りました。
いろいろなことがあったけど、秋らしい文学的なイベントがあったので書いておきます。

d0101430_15235353.jpg

9月20日は、保谷こもれびホールにて、武満徹ソングブック。
いつもの「ワルツー他人の顔」「翼」に加えて、今回は「素晴らしき悪女」にも挑戦しました。スペイン語で嘆きうたいあげる一曲、新鮮でした。イタリア帰国後すぐだったのもあるけれど、ラテン系のことばって、やっぱり解放的。これも自分のスタンダードにしたいです。ショーロクラブ&vocalistasの皆さんと久しぶりに会えて嬉しかった!

d0101430_145827100.jpg

そして、「周作忌」。遠藤周作のご命日で、周作クラブの会に呼んでいただき、伊王島キリシタンソングスを歌いました。初夏に遠藤周作文学館に招いていただいて以来、久しぶりにお会いできた文学者の皆さんと、終演後も心から愉しい時間でした。
遠藤さんが生前に伊王島のこうした歌を聴かれたなら、今頃一冊の本になっていたのではないでしょうか。そんなことを皆さんとお話していました。
d0101430_1503491.jpg

そして昨日は、京都・旧有栖川宮邸で日本ペンクラブの例会に呼んでいただき、カタロニアの鳥の歌、そして秋田の山子歌を歌いました。この庭園を造られた小川治兵衛さんは、山子歌を聴いて、背景の御所が山になっていきました、と言ってくださった。自然が現れていく・・庭とはそういうことなのだそうです。素晴らしい方々とお会いできました。京都は奥深し。
d0101430_14535052.jpg

浅田次郎会長と。

そして、日本のうたプロジェクトがとうとう形になります。CDブック「クレオール・ニッポンーうたの記憶を旅する」は12月に出版決定です。
文学的な皆様にお会いできてすこし筆が進むかしら・・・!
これからが正念場です。
[PR]

by miomatsuda | 2014-10-05 15:03 | ◆日々雑感/Notes
<< 日本のうた ドキュメンタリーPV 9月のスケジュール >>