松田 美緒のオフィシャル・ブログ MIO MATSUDA's official blog
by miomatsuda
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Home Page Navi












カテゴリ
ライフログ
最新の記事
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
とうとう明日!
明日、ハクジュホールで、ポルトガル音楽のコンサートです。

日本で、クラシックホールで全曲生音で歌うのはあまり経験ないですが、(5歳以来!)一昨日15分声を出させていただいたハクジュホールは、もう音響が素晴らしく、微かな声でも美しく響く空間でした。嬉しいっ!

明日は、13世紀から20世紀までポルトガルのいろんな歌を歌います。
ガリシアの乙女からルネサンスの淑女、モディーニャとルンドゥンの歌手、そしてファドのおんな。
つのださんもレオナルドもいろいろな素敵な楽器を演奏します。たぶん、こんな趣旨のコンサートは、世界でも珍しいはず。

今年の要であるこの舞台、心をこめて、歌いたいと思います。

まだ迷っている方、知らなかった方、明日ですよ!
チケットをお持ちの方、雨が降ってもブルーにならないでお越し下さい。お待ちしています!

2009年 12月11日 (金)ハクジュホール 
「夜 ファド」

幾千の夜を越えるポルトガルのため息
吟遊詩人の恋歌からファドへ800年の道をたどる

松田美緒[ヴォーカル]
つのだたかし[ビウエラ/ポルトガルギター/ウード]
レオナルド・ブラーボ[ギター]

プログラム
吟遊詩人マルティン・コダスの恋歌「恋を知る乙女らはみな」(13世紀)
古都エルヴァスに残された歌曲集より ヴィランシーコス(16世紀)
リスボンの流行歌モディーニャとルンドゥ「吟遊詩人のロマンセ」「私のため息よ」「夜に」(19世紀)
ブラジルのモジーニャとヴィラ=ロボスのギターソロ(20世紀)
ファド「さよならを言って」「難船」「私の街リスボン」「水兵のファド」(20世紀) 他

白寿(ハクジュ)ホール
最寄の駅 代々木八幡/代々木公園
19:00 開演
前売 5,000円 当日 5,500円
全指定席 9月10日より発売開始
お問い合せ・チケット
ダウランド アンド カンパニイ 042-390-6430
e-mail : dowland@air.linkclub.or.jp
チケット ぴあ (Pコード334-631)
[PR]

by miomatsuda | 2009-12-10 21:42 | ◆日々雑感/Notes
<< 終わった・・・! 贅沢な夜 >>